小形風力発電

山形の風を​山形のために生かす

山形県のエネルギー戦略のひとつでもある風力発電。
特に山形県の日本海側の風況は高いポテンシャルをもっています。

(全国で7番目に高い地域)
「勢いよく回る風車で地方創生の循環サイクルを創る」ことを主眼に
地域に根ざす事業に取り組んでいきます。

風力イメージ

これからの普及が最も有力視されている20kW未満の小形風力発電

小形風力発電機・小形風車とは、JISにおいて風車直径が16m以下(受風面積200㎡以下)電気事業法において出力規模が20kW未満の製品です。
小形風力発電は、風車を設置するのに大きな土地が不要です。また環境アセスメント適用外の為、設置が比較的容易で造成費用などのコストを低減できるメリットがあります。

事業計画作成から施工・アフターまでのトータルソリューションサービス

国の買取制度

2017年度 風力発電 FIT買取価格

風力 20kW未満 20kW以上 洋上風力
調達価格 55円+税 21円+税 36円+税
調達期間 20年間 20年間 20年間

県の補助金制度

2017年度 山形県 風力発電事業 風況調査事業費補助金
風力発電事業に先立ち風況調査を実施する事業者に対して、調査に要する経費の一部を補助

補助金内容 対象経費 構築物設置費、機械器具費、調査分析費
補助金額 平成29年度に要する経費の2分の1
※上限100万円(出力20kW未満の風力発電事業の実施事業者は30万円)
募集期間 平成30年2月28日まで
å