パワードウェア

背景 BACKGROUND

現在は日本全体が高齢化および少子化により労働人口そのものが減少局面にあります。
山形県においても労働力人口が平成7年以降減少し、年齢階級別の労働人口も特に若年層で減少しており働き手不足といった問題が表面化してきています。
山形パナソニックは「パワードウェア」で働き手不足の解決と作業者の蓄積疲労軽減、健康維持を提案します。

パワードウェアとは Powered Wear

重量物の上げ下ろしや雪かき作業など力を必要とする場面で装着することで、センサーが体の動きを感知し、モーターの力で腰部への負担を軽減する「着るロボット」のことです。

ATOUN パワードウェアモデルYについて ATOUN MODEL Y

Ⅰ 基本機能

持ち上げる 運ぶ おろす 中腰姿勢 をサポート

体幹の動きをセンサで検出し、
モータを回転させることで腰部への負担を軽減させます。

着用者の動きに追従し、
各モードが自動的に切り替わります。

Ⅱ 効果機能

疲労蓄積を軽減

ロボットは疲れ知らず

Ⅲ 特長

  • 軽量設計

    重量4.5kg。
    従来比40%ダウン。
    連続稼働4時間。

  • 快適構造

    3ステップ。30秒着脱。
    通気性向上。
    表面積50%ダウン。
    強靭カーボン素材。
    防塵・防水IP55。

  • コストダウン

    従来比約50%ダウン。
    リース活用も可能。

pagetop